即日キャッシング

即日キャッシング

カードローンを即日で!【即日キャッシング】 > アコムのキャッシングと過払い金の問題を調べよう
アコムのキャッシングと過払い金の問題を調べよう

現在のアコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属する銀行系の消費者金融会社になっています。
これは貸金業法が改正された後に、三菱UFJフィナンシャルグループに属する消費者金融会社になったもので、貸金業法が改正される以前は、いわゆる高利貸しとしての消費者金融だったのです。

高利貸しと言うとヤミ金融を思い浮かべる人も多いのですが、アコムはヤミ金融ではなく消費者金融と呼ばれる金融業者です。
消費者金融とヤミ金融と言うの大きな違いは合法であるかどうかです。
現在のアコムでは利息制限法の上限金利を超えることなくキャッシングが利用出来るのですが、ヤミ金融は法律を無視ての貸付を行いますので貸付を受けることで返済の大半は利息のみになるのが特徴です。

所で従来のアコムが高利貸しと呼ばれていたのはグレーゾーン金利と呼ばれる金利を適用していたことが理由となります。
グレーゾーン金利は法律が改正される以前に存在していた金利で、利息制限法の上限金利と出資法で定められている上限金利の間に当たり金利で、従来の出資法の法律では29.2%の金利を超えた場合は違法となるのですが、これ以下であれば利息制限法の上限金利を越えていても問題にならなかったのです。

しかし、法律が改正されたことで出資法の上限金利は利息制限法の上限金利に引き下げられました。
また、貸金業者が利用していたグレーゾーン金利が廃止され、これに伴い、利息制限法の上限金利を超える金利と言うのは過払いであり違法という事になったのです。
従来アコムなどを含む貸金業者を利用してキャッシングをしていた人の多くは、本来支払う必要の無い利息を支払い続けている可能性が高いと言われており、この支払う必要の無い利息を取り戻す手段として過払い金返還請求と呼ばれる方法が採用され、貸金業者に対して過剰利息の請求を行う事で、払い過ぎた利息を取り戻す事が可能になっているのです。

これはアコムにおいても同じで、従来アコムを利用してキャッシングを行っていた人は過剰利息を取り戻す事が出来るのです。

アコムのキャッシングの3つの返済方法

アコムのキャッシングサービスを利用したいと思ってる人もいるかもしれません。
アコムのキャッシングサービスを利用する際に注意しておきたいのは、返済方法です。
というのも、返済方法は3つの方法があるため、それぞれの特徴や違いを理解しておく必要があるのです。
そして特徴や違いを理解したうえで、自分にふさわしい返済の仕方を選択することができます。
まず3つの返済手段についてですが、引き落とし、ATM、窓口となっています。
引き落としの特徴は、わざわざ窓口に出向かなくても返済ができることです。
指定の口座にお金を入金しておけば、そこから自動的に必要な分が引き落としされていきます。
そうした形で自動返済されるので、利用者にとっては利便性が高いといえます。
ただし注意しておかなければならないのは、指定した口座に入金するお金が不足しないことです。
いわゆる残高不足になると、知らず知らずのうちに返済が滞ることになります。
期日前に必ず口座の残高を確認しておく必要があります。
ATMでの返済も引き落としと同様に、窓口に行かなくてもいいことが特徴です。
機械にカードを挿入してタッチパネルを操作するだけなので、気楽に返済処理を済ませることができます。
ただしこれは、近くにコンビニや銀行がある人にとっては便利ですが、近場に銀行やコンビニがない人にとっては利便性を生かすことができません。
窓口での返済は時間と手間がかかりますが、最も安心できる方法でもあります。
というのも、スタッフ窓口で直接お金を手渡して返済するため、借入を行っていることへの自覚が増すのです。
また、場合によっては店舗でお茶を出してもらえる場合もあるかもしれません。
さて、アコムのキャッシングサービスを利用する際は、必ずこうした返済手段の種類やそれぞれの特徴について理解しておくようにしましょう。
自分に向いた返済手段が分からない場合は、アコムに問い合わせて相談してみることができるでしょう。

アコムのキャッシングの利用限度額の特徴

突発的な資金に充てるためや、毎日の生活の中で必要な経費のために消費者金融業者のキャッシングを利用したいと思っている人もいらっしゃるでしょう。
多くの資金を得たいと考えている人の場合は、設定されてある融資枠が大きい金融業者を選ぶことがおすすめです。
消費者金融業者ごとに利用可能な条件や金利は異なっていますが、借り入れできる限度額についても差がありますので事前に調べておくと便利に利用できます。
低金利で十分な借り入れ金額が設定されているおすすめのキャッシング会社として、アコムがあります。
アコムはスマートフォンや携帯電話さえあればインターネット上から申し込みができますので、店舗に来店しなくても良いですし、審査スピードが速いので最短であれば30分程度で回答が出て、申し込みを行った日に融資を受けることも可能です。
アコムの利用限度額は最大の場合であれば、500万円までとなっています。
ただし、アコムは消費者金融業者が行っているキャッシングサービスですので、貸金業法の年収3分の1以上の貸し付けを行えない総量規制の適用を受けることになります。
利用限度額で最大の500万円の借り入れを行うためには、年収が1500万円ないといけないと考えておいたほうが良いでしょう。
その他、審査によって支払い能力をスコアリングによって判断されますので、年収や職業の形態、勤務先の情報などを総合して利用できる借り入れ金額が決定されることになります。
最初は50万円以下から融資が行われることが多く、それ以降は利用実績によって増額が行えるようになっていますので、きちんと返済期日を守って支払いを行うことで借り入れ可能な金額が増えていくと言えます。
借り入れ希望が50万円以上になった場合や、他の消費者金融会社から受けている融資の金額との合計が100万円を超えた場合には、源泉徴収票や確定申告書などの所得証明の書類を提出する必要がありますので、準備しておくようにしましょう。

アコムのキャッシングのサービスの遅延損害金

大手消費者金融の1つでもあるアコムでは、最大で500万円までキャッシングの利用が出来るカードローンが用意されています。
アコムのキャッシングは、10万円から30万円未満までのプランと、30万から100万円未満までのプラン、そして100万円から最大額でもある500万円までの3つのプランが用意されています。

これらのプランは、年収の割合により審査が行われ利用限度額が定められるのが特徴で、年収の3分の1以内での貸付になります。
これは総量規制により、年収の3分の1を超える貸付が禁止されているからで、アコムでは年収の3分の1以内でのカードローンが利用出来る事になるのです。

カードローンは審査が行われることで利用可能額が定められるのですが、定められた利用限度額の範囲内で繰り返してキャッシングが出来ると言うメリットを持っています。

また、貸付け利率は利用限度額に応じて変わるのですが、10万円から30万円未満、30万から100万円未満までの2つのプランでは実質年率4.7%~18.0%の範囲内で利率が決められ、00万円から500万円までのプランでは実質年率4.7%~15.0%の間で利率が定められることになります。
尚、金利は数字が小さくなるほど利息が少なくなり、利用限度額が多くなるほど金利が低くなるのが特徴です。

これらの金利は、貸金業法で定められている利息制限法の上限金利以下での貸付になっており、アコムは法律を守って貸し付けを行っている事が明確なのです。

所で、カードローンなどのキャッシングサービスを利用すると返済期日が決められることになります。

アコムでは35日ごとの返済と毎月指定期日に返済を行うと言う2つから選べるようになっています。
返済期日は都合の良い方を選べるようになっているのですが、返済期日を遅れてしまうと損害金を支払う事になるので注意が必要です。

これは遅延損害金と呼ばれるもので、金利とは別に遅延利率と呼ばれる利息を支払う事になるのが特徴です。
アコムでの遅延利率は利息制限法の上限金利でもある20.0%に設定しており、日割りでこの遅延損害金を返済額に上乗せして支払う必要があるのです。

アコムのキャッシング利用前に金利計算で返済計画を立てる

アコムでキャッシングを利用する前には、どのぐらいの金利で、利息がかかってくるか、そして毎月の返済金額はどのぐらいになるのかなど、計算をしておいて返済計画をしっかりと立てておく必要があります。
返済計画がきちんと出来てないと、自分がどのぐらい借りていて、どのぐらいの期間返済すればよいのかがわからなくなってしまい、場合によってはずっと利息ばかり支払うことになっていつまでも返済が終わらないということにもなりかねません。
しっかりと、返済計画を予めたてておけば、そのようなことにもなりませんし、次に借りるときにも目安になります。

アコムのキャッシングでは、融資限度額が500万円までで、限度額によって貸付利率の4.7から18.0%が変わってきます。
借りるのも返済も全国のアコムのATMまたは、提携ATMで出来ます。
利息は、平日や休日(土、日、祝日)に関わらず、利用日数分だけかかってきます。
返済日でなくても、余裕があるときに返済が可能になっています。

金利計算は、とても簡単です。
借入残高×借入利率÷365日(うるう年では366日)×利用日数=利息になります。
例えば、実質年率18.00%で1万円を3日間、利用した場合では、1万円×0.180÷365日×30日=147円(利息)となります。
また、借入れた当日に返済した場合は、利息はかかりません。
利用した日にち分だけ利息がかかってくるので、早く返せばそれだけ利息の負担は少なくなります。

アコムでは、公式サイトで簡単に返済計画を試算できる返済シミュレーションが出来るようになっています。
返済回数や、返済金額から計算出来るので利用前には活用させましょう。
また、返済金額は借入金額に一定の割合をかけた金額になります。
千円未満の場合は、切り上げて千円単位となり、最少返済金額以上の返済も自由に出来ます。

毎月の返済金額は、借入金額×一定の割合=毎月の返済金額になります。
例えば、一定の割合が3.0%で、実質年率18.00%で10万円借りた場合です。
10万円×3.0%=3,000円となり、毎月の返済金額は3,000円以上になります。

アコムでのキャッシングにおける必要書類

アコムは三菱フィナンシャルグループに属する銀行系消費者金融です。
銀行系消費者金融と言うのは、大手銀行などが貸金業者を傘下にして運営をおこなっているもので、バックには大手の銀行が有ると言う意味になります。

消費者金融と言うと何だか怖いとか、キャッシングを利用し難いと言ったイメージを持つ人も多いのですが、アコムの場合は知名度が高い事や、大手銀行のグループ会社になっている事でも安心して利用出来る、利用し易い消費者金融の1つでもあるのです。
但し、消費者金融は総量規制が適用されるため、利用出来る額は年収に応じて変わってくるのが特徴です。

総量規制は年収の3分の1を超える借入が出来ないのが特徴で、新たに借入する額も他社借入れ残高が有る場合は、その分が差し引かれることになり、結果的に借入が出来ない事も有ります。

例えば、年収が300万円の人の年収の3分の1は100万円になります。
他社借入れが無ければ、100万円までの申込みが出来るのです。
しかし、アコム以外の貸金業者からお金を借りていて、それの総額が100万円近い場合などでは審査で落ちてしまうケースが多くなります。
また、他社借入れが40万円と言う場合には、100万円-40万円となりますので、最大で60万円までのキャッシングが利用出来るという事になるのです。

尚、アコムでは申込みをする事で審査が行われますが、審査では幾つかの必要書類の提出が必要になります。

必ず必要になるのは運転免許証などの本人確認書類です。
これは申込み者であるかどうかと言ったことを確認するための書類で、運転免許証を持っていない人は健康保険証、パスポートなどの種類を用意しておけば本人確認を取ることが出来るのです。

また、アコムでは利用限度額が50万円を超える場合や、他社借入れと利用希望額の合計が100万円を超える場合などでは収入証明を行える書類の提出が必要となります。
収入証明を行える書類と言うのは、サラリーマンであれば源泉徴収票などの証明書の提出が必要となるのです。

MENU
「即日キャッシング」運営者情報