即日キャッシング

即日キャッシング

カードローンを即日で!【即日キャッシング】 > オリックス銀行カードローンの審査について、口コミで知る
オリックス銀行カードローンの審査について、口コミで知る

カードローンが最近は流行しています。若い人でも手軽に申し込みができると評判です。テレビのCMでも多くの金融機関が宣伝しているので、今や誰にでも身近なローンとなりました。
さて、カードローンがいかに身近なものになったとはいえ、借金の一種ですから、申し込みをすると必ず審査があります。すべての審査に合格して初めて、カードを持つことができるのです。過去に金融上の大きな事故歴のある人や、クレジットカードの著しい滞納歴のある人は、残念ながら契約することは難しいでしょう。
ところで、カードローンに力を入れている銀行の一つに、オリックス銀行があります。オリックス銀行については、利用者などから様々な口コミが存在します。それらがすべて正しいわけではありませんが、ある程度のイメージを付けるのには有効でしょう。
オリックス銀行のカードローンに関する口コミで一番多いのは、審査が緩いということです。本当に緩いかどうかは確かではありませんが、同様の趣旨の声は、非常に多く見られます。逆に厳しいという声も見られますが、金融事故歴などがなく、しかも普通に働いている人が落ちる理由はありませんので、厳しいという声の人は、何らかのやむを得ない事情があるのでしょう。
また、オリックス銀行は増枠しやすいという声もあります。これも真偽は定かではありませんが、もし本当ならば非常に良いことです。計画的に、一度も遅れずに返済を半年間続けたら増枠申請が通った、という人もいました。借りて返すという行為をきちんと行っている顧客は、信用力が上がるということです。
さらに、オリックス銀行は低金利という声もいろいろなところで見かけます。オリックスの低金利は有名と言えば有名なので、これは本当である可能性が高いでしょう。他社との競合の中で、顧客を獲得するための差別化戦略の一環として、低金利を断行しているのでしょう。企業努力のひとつであり、高く評価されるべきものでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査に通過するためのポイント:勤続年数と総量規制。

カードローンで得られるものは、お金だけではありません。困った時にはいつでもお金を引き出すことができる、という安心感です。保険と同じようなものです。
だからこそ、カードローンは、普段は使わなくても問題はないのです。いざという時の安心のために持っていれば良いのです。でも、契約をしておかなければ、安心を得ることはできません。使うか使わないかに関わらず、まずは契約だけしておくことが大切です。
カードローンは、今やほとんどの銀行、消費者金融で扱っています。どの金融機関でも、契約に先立って審査があります。また、審査に先立って、申し込み条件をパスしなければなりません。
銀行と消費者金融には、申し込み条件において、一つだけ大きな違いがあります。それは、総量規制というものです。
消費者金融では、総量規制と言われる貸付条件があります。貸付限度額は、本人の年収の3分の1まで、とする法律です。そのため、無収入の人は原則として申し込みができないことになります。
しかし銀行には、そういったルールはありません。銀行の判断で、年収を超える貸し付けもできますし、無収入の人に貸付することもできます。ただし、それは理屈のうえでの話であって、やはり返済能力に乏しい人は難しいでしょう。
その様な中では、オリックス銀行は利用者の評判も高いものがあります。収入条件は、前年度年収が200万円以上と低めになっています。アルバイトでも200万円以上稼ぐ人は多いでしょう。
なお、オリックス銀行の場合は、特に申し込み条件の中には勤続年数は明記されていませんが、もちろん、少しでも長いほうが有利になることは間違いありません。就職や転職をして半年未満の場合は、審査で落とされる可能性もあるので注意しましょう。5年以上であれば文句なしです。
また、オリックス銀行の審査は、銀行の中では早めという評判もあります。特に問題のない人については、申込時間にもよりますが、即日融資にも対応しています。
カードローンを検討中の人は、まずは候補の一つにオリックス銀行を入れておくのが良いでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査日数について

オリックス銀行のカードローンを利用する方が気になることの一つは、審査日数ではないでしょうか?
つまり、審査の結果が分かるまでの時間です。
オリックス銀行は疑いのない銀行系ですから、審査日数は長くかかります。
消費者金融系や信販系ならこの時間が短い傾向にあるのですが、銀行系では金利が安くて借入制限もない分、審査時間は長くかかるのです。
この背景には、利用条件が厳しいからという見方ができます。
利用条件が厳しいとそれだけ調査に時間がかかるので、結果が分かるまでに長くかかることになります。
オリックス銀行の場合は、概ね2~3日程度が目処になります。
これより短くなる可能性もありますし、長くなる可能性もあります。
いずれにしてもオリックス銀行の場合、即日融資は難しいと考えていいでしょう。
即日融資を希望する方は、消費者金融系や信販系を利用しなければなりません。
消費者金融系なら金利は高くなりますが、その分、即日融資が可能となります。
さて、利用許可が下りるまでの時間が長いことがオリックス銀行のデメリットではありますが、その逆のメリットもたくさんあります。
メリットとデメリットはバランスよく考慮する必要がありますが、メリットには次のようなものがあります。
金利が低めに設定されていること、総量規制の対象外であること、サービスが充実していることなどです。
金利が低いことは返済負担がそれだけ軽くなること、また長期融資に適していることを意味しています。
長期の大口融資を望む方には最適な条件であるといえます。
総量規制の対象にならないということは借入制限を受けないことを意味するので、それだけ希望融資額が受けやすくなります。
この点、消費者金融系や信販系では総量規制の対象になるため、申込者の年収の3分の1までしか融資できないという制限を受けることになります。
これは消費者金融系や信販系が貸金業法に監督されているからですが、銀行系の場合は銀行法が監督しているため貸金業法の影響は受けません。

オリックス銀行カードローンの審査が甘いかについて

利用しているかどうかに関わらず、今やカードローンが財布の中に一枚眠っている人は、ずいぶん多いでしょう。これだけ多くの宣伝が世の中にあるのですから、とりあえず契約だけという人もいるでしょう。
実は、それはとても賢いやり方なのです。カードローンは、常に使うという性格のものではありません。一般的には、一年に何度か訪れる緊急事態に出動する、といった類のものです。家電製品が壊れたとか、旧友が突如来訪したとか、そういった急な出費に登場するのです。なので、普段は使わずに、まずは保険のような感覚で契約だけしておくというのが、賢いやり方と言えるでしょう。
ところで、とりあえず契約だけとは言っても、やはりいつか使う可能性がある以上は、貸付限度額や金利が少しでも有利な金融機関に申し込むのが当然です。そこで候補の一つに挙げたいのが、オリックス銀行カードローンです。
オリックス銀行は、まず審査が甘いという噂があります。このうわさが本当かどうかは分かりませんが、確かに、本当に審査をしたのだろうかと思わせるようなスピードで、融資可能の連絡が入ります。基本的には、特に本人の信用力に問題がなければ、即日融資可能です。どの金融機関でも即日の文言は使われますが、実際に即日融資でできるのは、実は限られているのが現状です。そんな簡単に審査が終わるわけがありません。オリックス銀行には、これを迅速に済ませるノウハウがあるのでしょう。
また、他の金融機関から出されているカードローンと比較して、オリックス銀行は金利が低めに設定される傾向がある、という点です。最適金利も、実に低めに設定されてあります。
また、カードローンは申し込みの際にだけ審査が行われるのではなく、返済中も継続的に行われていると言います。これもオリックス銀行は甘いと噂です。返済をきちんと遅滞なく行っていれば、意外に簡単に増額の申請が通るとのことです。
以上をもってして、オリックス銀行を一つの候補に挙げておいてはいかがでしょうか。

オリックス銀行カードローンの審査結果までは簡単にできる

複数の融資先から借り入れを行っている場合や、高金利の消費者金融のキャッシングを利用している人も多いと思います。
オリックス銀行のカードローンでは、多数の債務を抱えている人の複数の融資先を1つにまとめるために借り入れることや、高い金利設定の金融業者から借り換える目的で融資を受けることも可能です。
オリックス銀行カードローンの利用条件は、年齢が満20歳以上から65歳までの国内在住者である人が借り入れることが可能となっていて、年収は200万円以上ある人が融資の対象です。
オリックス銀行カードローンの審査には職業による設定はありませんので、年収200万円以上ありさえすればアルバイトやパート、自営業者の人も借り入れることが可能です。
自身に収入がない場合の専業主婦の方の場合は、申し込みができないと考えておいたほうが良いでしょう。
オリックス銀行カードローンは、オリックス銀行の口座が無くても申し込みができますので、便利に利用できる点もメリットと言えます。
オリックス銀行カードローンは最短のケースであれば即日融資にも対応していますので、申し込みを行ってからすぐに審査結果が出ます。
振り込みによるキャッシングサービスにも対応しており、振り込み先をジャパンネット銀行に指定することで、24時間いつでも即時で振り込んでもらえますので、すぐに資金が必要な人に便利なサービスと言えるでしょう。
申し込み方法はパソコンやスマートフォンからインターネットを使ってホームページ上で行う方法となっていて、審査が行われた後にメールや電話または書面にて融資が可能かどうかの回答を受けて、電話によって申し込み内容を確認した上で融資が行われます。
運転免許証などの本人確認書類はスマートフォンのカメラ機能で写真を撮影したものを、メールに添付したりアプリを使うことで提出できます。
利用限度額が300万円以下であれば、所得証明の書類は必要ありません。
金融業界でナンバーワンの低金利で、融資枠も最大で800万円まで利用できますので大変人気の高いサービスと言えます。

オリックス銀行カードローンの審査に通過するためのポイント:収入と借入額

オリックス銀行のカードローンサービスを利用したいと考えてる方もおられるかもしれません。
そのためには審査に通過しなければなりませんが、審査項目の中でまず重要なポイントになるのが収入状況です。
収入は多ければもちろん有利になりますが、額が多いことだけではなく、継続性と安定性があることも求められます。
勤務先の規模が大きければ、その点で安定性があると判断されることになるでしょう。
雇用形態は正規のほうが有利であることは確かですが、パートや派遣であっても給与の安定性があれば審査に通過することは十分可能です。
ただし、他社からの借入額には注意しなければなりません。
もし他社からの借入額が多いなら利用困難になることもあります。
さらに、過去の属性も重要な調査項目となります。
過去の属性は、特に過去の金融履歴が焦点となります。
自己破産、債務整理、返済遅滞、強制解約など、過去に金融事故を起こした経歴のある人は、オリックス銀行のカードローンサービスを利用することが難しくなります。
オリックス銀行のカードローンの審査に通過するためには、居住形態と居住年数についての基準を満たすことも必要です。
居住形態については、借家住まいか持ち家に住んでいるかが焦点となります。
借家住まいより持ち家に住んでるほうが有利になるといわれますが、借家住まいであっても居住年数が長く、なおかつ家賃の支払いも安定しているなら不利にはなりません。
他にも、加入保険の種類、年齢、家族構成なども調査対象となる項目です。
年齢でいえば、50代以上の利用は厳しくなり、20代、30代であれば比較的に利用許可が下りやすくなります。
これには、働き盛りの年齢であるほうが返済能力が高いと判断されるためです。
65歳以上であれば、利用そのものが難しくなることもあります。
家族構成については、独身であるか既婚者であるかがポイントです。
一般には、独身のほうが自由に使えるお金が多いので有利とされますが、既婚者でも子供がいなければ独身者と同じ判定が下される可能性があります。
最後に、オリックス銀行は銀行系であることから、消費者金融系や信販系よりも調査が厳しくなることを知っておく必要があります。

MENU
「即日キャッシング」運営者情報