即日キャッシング

即日キャッシング

カードローンを即日で!【即日キャッシング】 > プロミスでのキャッシング申し込み時の必要書類
プロミスでのキャッシング申し込み時の必要書類

近年の消費者金融業者が行っているキャッシングサービスは、店舗に来店する必要なく融資が受けられたり、インターネット上でスマートフォンやパソコンを使うことで簡単に契約ができますので人気が高くなっています。
消費者金融業者のキャッシングの申し込みを行うと、金融業者ごとの独自に設定されてある審査を受けてから融資が行われることになります。
知名度の高い大手消費者金融会社としておすすめできるものに、プロミスのキャッシングがあります。
プロミスの申し込みを行うと、契約者本人であるかどうかを確認するために、運転免許証や健康保険証またはパスポートの提出が求められます。
外国籍の人がプロミスの申し込みをする場合には、在留カードまたは特別永住者証明書の提出が必要となり、有効な期間内であれば外国人登録証明書も合わせて提出する必要があります。
また、運転免許証などの記載されている住所と現在住んでいる住所が違う場合には、国税や地方税の領収書や請求書のコピー、社会保険証の領収書、公共料金の領収書、住民票の写しなどの提出が必要になり、コピーは発行された日から6か月以内のものが有効となります。
借り入れ金額が50万円以下の場合や、他の消費者金融会社からの借り入れた残高の合計額が100万円以下の場合には所得証明の書類を提出する必要はありませんが、それ以上の金額の融資を受ける場合には、最新の源泉徴収票や確定申告書、直近2か月分と1年分の賞与明細書を含んだ給与明細書のうちから、いずれか1点の提出が必要になります。
プロミスはインターネット上で契約を完結できる特徴を持っている金融業者ですので、これらの必要書類をスマートフォンや携帯電話のカメラで写真撮影をしたデータをメールで送信したり、アプリでアップロードすることで提出することも可能です。
パソコンにスキャナを繋げる方法でも送信可能ですし、FAXを使って提出することもできます。
それらの機械に慣れていない人の場合でも、郵送で提出することができますので安心です。

プロミスにおけるキャッシングの借入の手順

資金を用意する時に便利に使いたいのがキャッシングです。そのキャッシングも手続きが簡単なプロミスで、借入をする時の手順を見てみると、まず、手順は3つ、いずれにしてもプロミスの会員として登録する事が必要ですので、メールアドレスで登録します。1申し込み2審査3契約です。ネット上で全て手続きが終わるウェブ契約の場合、最短で当日中に指定口座に入金があります。他に、自動契約機、店頭窓口での契約もありますが、いずれも同じようにその場でキャッシングが可能になっています。郵送申し込みなら、プロミスが書類受領後、審査ののち、利用可能になります。プロミスがキャッシング可能な条件としてあげているのは、主婦、学生でもパート、アルバイトなどの安定収入があるなら、審査のうえ借入可能になっています。年令は20から69歳までとされています。担保、保証人は不要です。自動契約機では、その場でカードが発行されますし、三井住友銀行のローン契約機では、同じようにその場でカード発行ができます。機械ですので誰にも合わずに、30分程度で審査が終わり、手続きが可能になります。希望額が50万円以上の時には本人確認書類、収入を証明出来る書類が必要になります。また、女性には女性オペレーターが対応する専門のサービス窓口があったり、初めての人で30日間の期間設定なら利息無料の特典が受けられたりします。独自のサービスで、顧客を獲得するプロミスですが、他にも瞬フリ、これは申し込みから10秒で指定口座へ入金されるサービス、返済においても、ネットから振り込み手数料無料で返済が出来るサービス、指定口座から自動的に返済が手数料無料で可能な口フリ、プロミスのサービスを利用する度にポイントがたまり、30日間利息無料の特典や、提携ATM手数料無料などにポイントを使う事が出来るようになっています。資金調達のしやすさから考えて、30日間利息無料なら、手軽に利用できます。

プロミスでキャッシングするときの流れについて

日常の生活資金に使う目的など自由な用途に使用可能なものとして、消費者金融業者のキャッシングサービスがあります。
プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融業者として、安定した財務状況を背景に融資を行っている金融会社として人気があります。
プロミスのキャッシングを利用してお金の融資を受けるための流れとしては、申し込みを行う必要があり、申し込み方法は多様な手段で行うことができるようになっています。
お金を借り入れるための申し込みには、郵送や電話、店頭窓口で申し込む方法の他、スマートフォンや携帯電話、パソコンを使ってインターネットを経由してプロミスの公式サイトにアクセスすることで申し込む方法もあります。
店頭窓口や自動契約機で申し込みを行って借り入れの契約をする場合には、運転免許証や健康保険証などの借り入れ契約を行いたい本人であることを証明するための書類を持参することになります。
郵送や電話で申し込みを行った場合には、自宅に契約書やカードが届けられますので、カードを使って自動契約機やプロミスが利用可能なATMで融資を受けることが可能です。
インターネット経由で借り入れの契約を行う場合には、運転免許証などの必要書類をスマートフォンや携帯電話のカメラ機能を使って写真撮影を行って、書類のデータをアプリにアップロードして送信する方法や、FAXを使ったり、パソコンのスキャナを使って提出することができますので、1度も店舗を訪れなくても借り入れの契約を済ませることもできます。
申し込みが完了すると、プロミスの独自審査が行われて融資が可能かどうかが決定されます。
審査のスピードは素早いですので最短であれば40分程度で完了して、即日のうちに融資が受けられる場合もあります。
審査では支払い能力があるかどうかを調べられることになり、電話確認や勤務先への在籍確認が行われます。
利用限度額が50万円以上の借り入れを行う場合であれば、給与明細書などの収入を証明するための書類についても提出が求められることになります。

キャッシングしたお金の返済方法(プロミス編)

万が一お金が必要になった場合に備えて、キャッシングに申し込む人が男女問わず非常に増加してきています。近ごろでは、学生から高齢者に至るまで幅広い年代の人々が、手軽に利用することが可能なキャッシングサービスを上手に活用しているのです。
多くのカード会社の中でも知名度の高いプロミスは、数多くの利用者から信頼されています。申し込みには、勤務先名や収入、家族構成などの個人情報を記入する必要がありますが、個人情報の管理は徹底されていますので安心して申告することができます。
申し込み内容は、プロミスの審査担当者がスピーディーに審査します。その審査に通ると、その日のうちに即日キャッシングも可能なのです。特に急いでいるお客様にとっては、申し込んだその日のうちにお金を受け取れるこの迅速なサービスに高い満足度を感じている人が増えているのです。
そして、プロミスでキャッシングしたお金の返済方法は、利用者のために非常に利便性の高いサービスを提供しているのです。毎月定額を無理なく返済していく定額方式の他にも、臨時収入などがあってお金に余裕のある月だけは増額返済をするというような、利用者それぞれの異なる事情や要望などに柔軟に対応しているのです。
プロミスでは、利用者からの要望にもしっかりと耳を傾けています。なるべく借入の元本を減らせるように、増額返済や一括返済などの急な要望にも親身になって対応しているのです。また、銀行などが遠かったり、忙しくてなかなか銀行に行くことができない人のために、コンビニエンスストアで返済することが可能システムも導入し、多くの利用者から絶大な支持を受けているのです。
このように、プロミスでは、お客様1人1人の要望に誠実に対応して、より手軽に、より簡単に利用することのできる万が一にも役立つサービスを提供しているのです。これらのサービスがあることによって、利用者は安心して日常の生活を送ることが可能なのです。

プロミスのキャッシングの利用限度額と使い方

今や消費者金融には、昔のサラ金といったイメージはないと言っても良いでしょう。サラ金とは、今の若い人たちは言葉だけは知っているでしょうが、その実態はどういったものかは知りません。知らなくてよいのです。もはや、あのような時代が再来することはないでしょう。
プロミスという消費者金融があります。三井住友銀行系列の消費者金融で、その親身な対応は、かつてのサラ金をイメージさせるものが全くありません。最大利用限度額500万円までで。返済に困ったことがあれば、いつでも担当者が親身になって相談に乗ってくれます。怖いお兄さんが竹刀を持って職場まで取り立てに来ることはありません。
プロミスのキャッシングに申し込むと、まずは審査が行われます。仮審査と本審査というものです。仮審査とは本人の属性に基づいて、機械が自動的に審査するものです。収入や勤務先、家族構成や他社からの借り入れ状況などです。ここで虚偽申告をした場合は、本審査で必ずバレてしまうので、必ず正しい情報を申告しましょう。
仮審査にパスすると、今度は本審査という段階に入ります。本審査では、まず信用情報機関への問い合わせがあります。本人に過去の大きな金融事故がないかどうかが確認されます。大きな金融事故とは、債務整理のことです。債務整理とは、任意整理、民事再生、自己破産のいずれかを指します。債務整理が終了してから5年間は、その履歴が信用情報機関に残ります。これが残っている間は、通称ブラックと言われて、融資を受けることが難しくなります。
また、職場への在籍確認の電話が入ります。在籍確認とは、申告された職場に、本当に本人が勤務しているかどうかを確認するものです。プロミスの社員が実際に職場に電話をします。
以上の審査をすべて通過すれば、プロミスのキャッシング契約となります。利用限度額は、審査の状況によって異なります。50万円の限度額であれば、その範囲までなら何度でも借り入れが可能です。50万円のうち30万円を借り入れた場合は、必要があれば残りの20万円も追加で借入れ可能です。そこから10万円返済した場合は、また10万円の借入枠ができます。
賢い利用の仕方で、計画的に滞りなく返済をしましょう。

プロミスでのキャッシングにおける遅延損害金

プロミスは三井住友銀行グループの銀行系消費者金融です。

プロミスでは借入の場所や時間など、利用する人の都合に合わせてキャッシングが利用出来るようにしてあります。
キャッシングの方法は、インターネットや電話利用して指定の口座に現金を振り込んでくれます。
また、店頭窓口やプロミスのATMなどを利用する事も可能にしているのです。

また、プロミスにはフリーキャッシングと呼ばれるローン商品が用意されており、主婦や学生の人などでも、パートやアルバイトをして収入を持っている人であれば申し込む事が出来るのです。

フリーと言う名がついていることからも、使い道は自由に決めることが出来、旅行に行く際の費用として使ったり、引越しの際の費用やアパートなどを借りる際の諸費用としての利用も可能です。
尚、このローンは最大で500万円までの融資を受けることが出来ますが、プロミスは貸金業者となりますので、総量規制により利用可能額の上限と言うのは、他社借入れ額の総額を含む年収の3分の1以内になります。

但し、他社借入れ額がゼロの場合は、年収の3分の1までのキャッシングが利用出来るという事でもあるのです。
新規契約の場合は、年利4.5%~17.8%の範囲での貸付利率となりますが、審査により利用限度額が定められたのち、利用限度額に対応した利率が定められ、利用する事が出来るのです。

尚、審査により利用可能になった場合は、返済期日が決められます。
返済期日は、毎月5日、15日、25日、末日の何れかを選べるようになっており、都合の良い日に返済が出来るようになっています。
但し、指定の金融機関以外からの返済の場合の返済期日は5日になりますので注意が必要です。

所で、返済期日を守る事は利用する側の義務になります。
返済を自動引き落としなどを選んでいる場合などでは、返済用口座に現金が無い場合は引き落としが行われません。
この場合は、遅延損害金を支払う事になります。
このお金は損害金と言う名前が付いている事からも、返済が遅れたペナルティ料でもあるのです。

遅延損害金には遅延利率が定められており、プロミスでは20.0%になります。
これは日割りで計算が行われることになりますので、返済期日が遅れた日数分、支払う事になるので注意が必要なのです。

MENU
「即日キャッシング」運営者情報