即日キャッシング

即日キャッシング

カードローンを即日で!【即日キャッシング】 > 大手金融業者プロミスの審査の流れ
大手金融業者プロミスの審査の流れ

キャッシングを使ってお金の融資を受けることは、近年においては手軽にできるようになってきていますので便利なサービスとして認知度が上がっていると言えるでしょう。
三井住友銀行グループのキャッシングとして、おすすめの消費者金融会社にプロミスがあります。
プロミスのキャッシングはスマートフォンや携帯電話、パソコンからインターネットを経由して公式ホームページにアクセスすることで、ネット上で借り入れの申し込みができるようになっていて、契約の全ての手続きを店舗に行かずにオンラインのみで完了させることも可能です。
また、その他にも多彩な申し込み方法が用意されていますので、店舗窓口での申し込みや、電話、郵送、自動契約機を使って申し込みを行うことでもキャッシングを利用できます。
申し込みを行うと融資を受けるまでの流れとして、プロミスのコンピューターシステムによって審査が行われて、契約希望者の返済能力を調べることになります。
年齢や年収、勤務先の情報や勤続年数、居住年数など個人的な情報を元にして返済能力の有無を調べることで、融資が可能であるかどうか判断が行われたり、融資金額が決定します。
プロミスの審査はスピーディに完了しますので、30分程度で結果が出て、すぐに資金が必要な人の場合でも即日融資を受けられて便利です。
インターネット上で申し込みを完了させたい場合には、運転免許証や健康保険証などの本人確認の書類についてはスマートフォンや携帯電話のカメラで撮影を行って、アプリにアップロードすることで提出することができます。
パソコンのスキャナを使う方法や、FAXでも提出することが可能です。
自動契約機で借り入れを行う場合には、本人確認書類を持参するようにしましょう。
借り入れの希望金額が50万円を超える場合や、他の消費者金融会社からの借り入れ金額との合計が100万円以上の場合は、所得証明の書類の提出も必要になりますので注意しましょう。
インターネット上から銀行口座を指定しておくことで振り込んでもらうことができますし、カードの発行を受けた場合は自動契約機や提携先のATMなどで借り入れができるようになります。

契約機を使ったプロミスの融資審査について

プロミスへの申込みで契約機を使う場合、必要書類を事前に用意しておくようにしましょう。申込むご本人のことが確認出来る本人確認書類に使えるのは運転免許証、健康保険証、パスポートなどです。外国籍の方は在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書なども用意しましょう。これは、他の人がなりすましで申込むことを未然に防ぐためにも大切なことです。本人確認書類の他に必要なのが収入を証明する書類です。プロミスの場合、50万円を超える借り入れを希望している方や、他社からの借り入れとプロミスからの借り入れ希望額が100万円を超える場合にこの収入証明書類が必要になります。この条件に当てはまらない方、つまり借り入れ希望額が小額である方は基本的には必要ありません。当てはまる方は、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近二ヶ月分の給与明細と一年分の賞与明細のいずれかを持参しましょう。これらの書類を揃えて申込みをすると審査が開始されます。審査ではこれらの書類が本当のものかどうかをまず確認します。本人確認書類の住所に本当に住んでいるのか、勤務先に本当に在籍しているのかということを確認するために実際に電話をかけて確かめます。この時にプロミスの社名を出すことはありませんし、プライバシーには十分配慮しているので心配しなくても良いでしょう。他には信用情報についても確認します。クレジットカードの利用状況や他社からの借り入れがどれくらいあるのかという情報を照会して、キャッシングして返済が可能かどうかを審査することになります。携帯電話の料金支払いもこの信用情報の対象に入っているため、過去に滞納したまま未払いになっているということおがないか思い出してみましょう。審査の結果によっては融資を断られてしまうこともありますが、希望額を下げることで契約できることもあります。プロミスの場合、スムーズに進めば最短で30分程度の所要時間で済みます。

プロミスの審査では信用情報の問い合わせが行われます

プロミスでカードローンを申し込んだら、契約書に名前と住所と電話番号を記入させられ、居住形態、年収、勤務先の名前住所電話番号を書かされます。そしてすべて書き終えれば書類審査です。まず本人確認書類で契約書に書かれた名前が本人かを確認されます。そして本人かを確認されたら、勤務先の確認です。

勤務先が実在するのかを契約書に書かれた住所で地図を調べます。この時勤務先が確認出来なければ、審査で落とします。それで勤務先が存在すれば契約者に書かれた電話番号に電話をして在籍確認をします。そして勤務先に在籍が確認できれば、プロミスが加盟している情報機関に信用情報の問い合わせが行われます。

この問い合わせの目的ですが、他社借入状況のチェックです。申込者が過去に金融事故を起こしていてブラックだったら、融資をしたら、また返済不能になって債務整理をするかもしれません。自己破産は1回やると10年は出来ませんが債務整理は何回でも出来ます。だから債務整理をする人には融資が出来ません。

債務整理以外でも延滞や滞納をしていれば、融資をすれば同じことをされる場合が有りますから、融資は出来ません。

そして金融事故以外でも総量規制で貸出総額が他社との合計で年収の3分の1を超える貸し出しをしてはいけないとなっています。プロミスは貸金業者だから、総量規制の対象で、規制を守らなければなりません。だから申込者の他社借入状況をチェックして貸し出しをしたら、年収の3分の1を超えるか確認をする必要が有ります。

さらに年収の3分の1を超えなくても借入社数が多くて毎月の返済が困難ならば、融資を見送る必要が有ります。そうやって申込者の他社借入状況を調べる為に情報機関に問い合わせをしています。

プロミスの審査では信用情報の問い合わせが行われます。問い合わせをして申込者の他社借入状況を調べ、融資が可能か可能で無いかを調べています。それで融資が可能ならば融資をして、融資が可能でなければ、審査で落とすようにしています。

プロミスでの利用限度額と言うのは審査により額面と利率が決定

プロミスに申し込んだときに、初めての場合は最も低い限度額になっています。
これは、申込みのときの審査によって限度額とそして利率も決まるからです。

初めてプロミスを利用する場合、それまでのプロミスでの信頼度が全くありません。
これからきちんと申し込んだ人が、返済を行ってくれるのかなどがわからない状態のままでは、プロミスにとっても不安要素があるので利用出来る限度額は低めに設定されるわけです。
限度額は、きちんと返済を続けながら借入を行っていくことで増やしていくことが出来ます。

また、限度額は申込者の支払能力によっても異なってきます。
例えば、一般的にはパートやアルバイトでは30万円ぐらいが相場となっています。
更に通常の会社員では、年収300万では約100万円ぐらい、年収500万円で165万円ぐらいになります。
申込のときに、これ以上の限度額を希望しても、その時点で審査は通らないと考えた方がよいでしょう。
また、年率などはこの限度額によって変わってきます。
例えば、年率4.0%から18.0%の場合では、限度額が30万円までだと18.0%が適用されて、限度額が500万円だと4.0%が適用されます。
一般的に、限度額が高くなるほど年率は低くなる傾向があります。

また、既に他社からの借入がある場合も限度額は低くなります。
これは、総量規制の年収の3分の1以下までしか借りられないためです。
もし、既に年収の3分の1以上になっている場合は、新たな借入は出来ませんし、なっていない場合でも、年収の3分の1以内になります。
例えば、年収が100万円で既にクレジットカードで限度額が30万円だったり、または利用していると、新たにプロミスで借りたいと思っても、借りることは出来ません。
プロミスでも利用したい場合は、クレジットカードの支払いを完済させるか、または限度額を下げておく必要があります。

審査では、申込者の返済能力を最も重要なポイントとして見られます。
そのため、限度額なども返済能力によって決められます。

プロミスでお金を借りる際に知っておきたい事:審査までの時間

プロミスでお金を借りる際に把握しておくべきポイントとして、審査までの時間があります。融資を受ける際に重要なポイントとなるのが、どの程度の期間が必要になるのかという点です。しかし、他の業者と比較した場合、プロミスの要する期間は非常に短く、六十分程度で融資までに必要な全ての手続きが完了する事が多くなります。
これは融資条件や申込のタイミングもよって変わりますが、これ以上掛かったケースは非常に少ないので、大半の申込者に当てはまる条件となっています。
プロミスで融資を受ける際には、本人確認が必要となります。そのため、この本人確認のために、住所、氏名、生年月日が記載された書類の提出が必要です。この身分証明書は公的な機関が発行するものである必要があり、常に携帯している運転免許証などが多く活用されています。
プロミスを利用するときに必要な公的な書類としては、健康保険証なども活用でき、場合によってはパスポートなどを提出して確認してもらうことも可能です。また、基本的にプロミスの審査は六十分以内に終了する事が多く、申込者によっては、これよりも短い時間で審査が完了するケースもあります。そのため、申込者に問題が無い場合は、三十分程度で審査が完了するケースもありますので、素早く融資を受ける事が出来るのです。そのため、即日融資にも対応可能で、何らかの理由で急にお金が必要になった場合でも、プロミスならば素早くお金を借りる事が出来るようになっているのです。
そして、このサービスは五十万円以上の借入を希望するのであれば、幾つかの必要書類を用意すれば、即日でも対応してもらう事が出来ます。この融資希望の金額が、五十万円を超える場合は、収入証明として最新の源泉徴収票や確定申告書が必要になります。また、 直近の給与明細書の提出が必要になる場合もあり、これらの必要書類を提出する事で、通常よりも高額な融資に対応してもらう事が出来るのです。

紹介!プロミスの特徴:自動審査

多くの消費者金融のキャッシングを利用したいと考えている希望者の人にとって、借り入れの審査が簡単であるかどうかや、審査スピードが速いかどうか気になるポイントだと思います。
プロミスは三井住友銀行の子会社となることで、積極的な融資を行っているキャッシング会社として人気です。プロミスの申し込み条件は職業や年収が問われることはありませんので、アルバイトやパートをして生計を立てている人や、学生や主婦の方も借り入れ可能なキャッシングとなっています。
年齢条件は満20歳以上から69歳までの人が借り入れることができるようになっていますので、幅広い世代の人が融資を受けられる消費者金融業者と言えるでしょう。
消費者金融のキャッシングの申し込みを行うと、年収や勤務先情報や、勤続年数などの個人的な情報によって審査が行われますが、プロミスは独自のコンピューターを使って行いますのでスピーディに結果を出すことができて、申し込みを行った日に融資を受けることも可能となっています。
申し込み時には、住所や電話番号なども必要となり、明確な居住地を入力します。
運転免許証や健康保険証などの、契約を希望している本人であることが確認できる書類の提出も必要になります。
プロミスは属性スコアリングシステムを導入することで自動的に結果を出すことができるので、短時間で一貫性のある判断を導き出すことができます。
これらの判断基準に他に、過去の借り入れ実績による信用情報も大切なものとなっており、他の消費者金融から融資を受けている場合の状況や、借り入れたことのある場合の返済履歴、債務整理などの金融事故を起こしていないかなどが調べられます。
利用限度額が50万円以上の場合や、他の消費者金融会社から融資を受けているときに借り入れ残高が100万円を超える場合には、確定申告書や源泉徴収票などの所得証明の書類が必要になりますので、事前に準備しておくことをおすすめします。

MENU
「即日キャッシング」運営者情報