即日キャッシング

即日キャッシング

カードローンを即日で!【即日キャッシング】 > 楽天銀行の他の銀行との審査基準の違い
楽天銀行の他の銀行との審査基準の違い

カードローンの審査基準は、一般的に消費者金融系が金利が高くなりますが緩いといわれていて、逆に銀行系は金利が低くなっていますが厳しいといわれています。
楽天銀行も、銀行系になるので審査は消費者金融系に比べると厳しいといえるかもしれません。
ただ、他の銀行系のカードローンと比べると、比較的優しいともいわれています。
同じ、銀行系でも審査基準は独自に設定しているので、他の銀行で駄目だったとしても、楽天銀行では通る可能性もあります。

ただ、楽天銀行が優しいといわれていても、基本的に返済能力が重要になってきます。
例えば、年収が低かったり収入が低いと、通りにくくなりますし、場合によっては200万以下の限度額でも収入証明書が必用になってくることもあります。

楽天銀行と他の銀行系のカードローンと大きな違いはないですが、ネット銀行なのでパソコンからの申込から借入、そして返済までが全てインターネットで完結出来ます。
また、比較的金利も4.9~14.5%と低い金利になっていて、収入のない専業主婦でも申し込みが可能です。
必要書類の提出も携帯アプリで出来るようになっているので、ネット環境に慣れている人にとっては大変便利になっています。
更に、楽天銀行は通販サイト楽天グループなので、新規の申込のときには楽天ポイントがもらえたり、入会月の利用残高によってポイントが付いたりするサービスもあります。

他にも、楽天銀行の口座を既に持っていると、24時間365日いつでも振込で入金が可能になっています。
これは、ホームページや電話で申し込みが出来て、手数料も無料になっています。
銀行系なので、総量規制の対象外になりますし、パートやアルバイト、そして収入がある学生でも申し込みが可能で、楽天銀行の口座がなくても出来ます。

審査は最短で即日回答になっていますが、申込み内容によっては数日かかることもあります。
これは、消費者金融の最短30分に比べると遅く感じますが、それでも数日で回答が出るので早い方だといえます。

比較的に審査が緩いといわれている楽天銀行スーパーローン

お金の融資をどこから受けようか検討している人は多いと思いますが、銀行や消費者金融など様々な金融機関がカードローンのサービスを行っていますので、どれが良いか迷うと思います。
同じ借り入れを行うのであれば、審査が簡単な金融業者を選択したいと思う利用者が多いでしょう。
さらに、消費者金融のキャッシングサービスと比較すると、銀行のカードローンは銀行法に基づいて融資を行っていますので、年収3分の1以上の融資を行えない貸金業法の総量規制の適用を受けないメリットがあります。
審査が通りやすいおすすめの銀行カードローンには、楽天銀行スーパーローンがあります。
楽天銀行スーパーローンの申し込み条件は、年齢が20歳以上から60歳までの安定した収入を得ている人が利用可能となっています。
職業による制限はありませんので、アルバイトやパートをしている人や専業主婦、学生の人も利用可能なカードローンです。
楽天銀行の口座がなくても申し込みができるので、便利に利用できるカードローンと言えるでしょう。
本人に収入が無い場合の専業主婦であっても、利用限度額50万円の範囲内であれば融資を受けることが可能です。
楽天銀行の融資を受けるためにはスマートフォン、携帯電話、パソコンを使ってインターネット上から申し込みを行うことになり、ネット上で全ての契約手続きを完了させることができます。
審査スピードは速いですので、最短であれば即日融資を受けられる可能性もあります。
審査の結果はメールで通知が行われるようになっていて、その後に勤務先への在籍確認が行われて、契約内容の確認の電話があります。
運転免許証や健康保険証などの本人確認のための書類の提出は、スマートフォンのアプリを使ってアップロードする手段を使うか、または郵送によって提出を行うことで、カードが送られてきます。
利用限度額が200万円以下であれば、所得を証明するための書類の提出は不要となっていますので、手間をかけずに利用できるカードローンと言えます。

楽天銀行のカードの種類と審査

楽天銀行は独自の経営体制を持っているので、カードの種類とその審査の方法も他の会社とは少し異なっています。まず、デビットカードとして発行しているのがゴールドと一般の2タイプです。これは楽天銀行の口座から直接支払いが出来るというものなので、クレジット機能のものとは違って審査も簡単です。16歳以上なら持つ事ができます。お金を口座から引き出すためのものと、他のクレジット会社との提携は3種類あります。そして、スーパーローンという商品には、専業主婦、学生でも利用が可能になっています。楽天銀行の口座を開設して、200万円以下なら提出書類不要で借入が可能です。楽天銀行独自の審査基準によるものなので、他では難しかった借入が可能になる場合があります。借入は目的別に分けられていますが、発行されるものは共通の1枚です。車を買いたい時に借入するには、購入の証明書の提出が必要だったりしますが、楽天銀行は不要となっています。そして独自の運営をしている楽天ならではの特徴として、振込みなど、手数料に自社のポイントを使えるようにしている点があります。口座開設やローンの申し込み時にキャンペーンとしてポイントを付与、自社ネットショッピングサイトでの利用が可能なので、このポイント利用が目的で楽天銀行にメイン口座を移す利用者もいます。そして、毎月電気料金などの口座引き落とし契約をすれば、自動でポイントが蓄積されていくので、ポイントが貯め易くなり、口座の利用価値も上がっていきます。振り込み手数料がネットバンクならではの特徴で割安になっているのも注目の的です。ゆうちょ銀行から資金を移すのは手数料不要、逆なら多少手数料がかかりますが、ネットバンクでは安い料金設定となっていますし、ポイントを使う事が出来るので、ネットショッピングの利用者には魅力があるといえるでしょう。また、オークションにも対応しているので、資金の受け入れ先として楽天銀行は手数料が安く設定されており、資金が集めやすい銀行になっています。

楽天銀行スーパーローンを利用したい自営業者の審査ポイント

楽天銀行スーパーローンは、銀行カードローンに分類されている商品であり、個人の消費を手助けするために用意されています。国内に居住している満年齢20歳以上60歳以下の原則安定した収入を持つ人を対象としており、最高で500万円まで利用する事が出来ます。事業性資金以外であれば、自由に利用できる商品であり、様々な目的に対応出来る内容を備えています。

楽天銀行スーパーローンは、毎月の1日、12日、20日、27日の中から選択した返済日に、利用状況によって決められる金額を返済するというのが利用する上でのルールです。このルールを守って利用する事が求められるので、定期的に収入を得ているという事が基本的な条件となります。このために、アルバイトやパートタイム、自営業者であっても毎月収入を得ている場合は利用する事が出来ます。

楽天銀行は実店舗を持たずに業務を行っている銀行であり、窓口からのサービスの提供は行われていません。このために申し込みは、インターネットからとなっています。24時間申し込みを受け付けているので、仕事が遅くまでかかるような人でも申し込む事が出来ます。

審査の申し込み時に必要となるのは、運転免許証や健康保険証等の本人確認のための身分証明書です。担保や保証人は不要であり、希望する金額が200万円以内であれば収入証明書も必要がありません。このために、審査では年収よりも楽天銀行等の多くの金融業者が加盟している信用情報機関に記録されている返済履歴や借入残高等の個人情報が重視される事になります。

つまり、自営業者であっても業務実績が審査対象とはならないという事がポイントです。他の業者への返済に遅れた事が記録されていたり、借入残高が多い場合は審査にマイナスの影響を及ぼします。逆にこれらの情報が良好であれば、年収や業務実績にかかわらず利用できる可能性は高くなります。

申し込みから結果が判明するまでに要する日数は、申し込み当日から2営業日以内というのが目安です。状況によってはさらに日数がかかる場合もありますが、急ぎのお金が必要な場合でも対応する事が出来る内容です。

楽天銀行カードローンの審査なら所得証明はいらない

会社で働いていると、予定もしていなかったのに、なぜか今夜の見に行こう、という流れになってしまったりすることがありますよね。こうしたストレス発散が仕事を円滑にしているという意味では、突然の飲み会も大事な仕事の一部なのでしょう。
ところで、このような突然の飲み会が決まった時に、コンビニなどに行ってお金をおろしている人がいますよね。誰かが全額ご馳走してくれるわけでもない限り、財布にお金がなければ、ATMでおろしてくるのは当然です。おまたせ、なんて言いながら同僚はコンビニから出てきます。
しかし、ちょっと待ってください。その同僚は、コンビニのATMで、本当に銀行預金をおろしたのでしょうか。楽天銀行のカードローンを借りたのではないでしょうか。これ、実は実際によくあるパターンなのです。
楽天銀行のカードローンは、今やテレビのCMでも頻繁に宣伝されています。そのためか、とても身近に感じられるローンとなりました。楽天銀行のキャッシュカードに、ローン機能を付帯させることも可能です。
ただし、これは未来の借金を予告するカードにもなるため、当然ながら審査が必要となります。審査では、申込者の属性と信用力を見られます。
属性とは、年収や会社名、家族構成、他社からの借り入れ状況などです。これらに問題がなければ、次に信用力が見られます。信用情報機関に登録されている本人の情報が確認されるのです。債務整理やクレジットの悪質な滞納履歴などがない限り、楽天銀行なら大丈夫でしょう。
なお、金融機関によっては、申し込みの際に所得証明を求められることがあります。しかし、楽天銀行の場合は、200万円までの限度額であれば、原則として所得証明は必要ありません。良心的ですね。
楽天銀行のローンは、入り口は優しいと評判です。ただし、返済には厳しいとも言われます。お金を借りたら、当然ですが、遅滞なく返しましょう。期日までにきちんと返済していれば、信用力が向上して、逆に楽天銀行から増額の打診が入ることもあります。

スピード審査が魅力の楽天銀行

まとまったお金が急に必要になってしまうことは、よくあることですが、急いでお金が必要になるとなかなか用意するのが難しいです。
他人からお金を借りるのがとても苦手だという人もいますが、そういう人は、無理してお金を借りなくても金融機関からキャッシングする方法があります。
金融機関からキャッシングできるカードを一枚持っているだけでも、最近は夜中でも簡単にコンビニのATMでキャッシングできるのでとても便利です。
楽天銀行のカードローンなら簡単にキャッシングできるので、まとまったお金が必要な時でも安心です。
楽天銀行のカードローンの申し込みは、満20歳以上60歳以下で、定期収入がある人なら主婦やアルバイト、パートの人でも申し込めます。
限度額は500万円までと、他の金融機関に比べてかなり高額です。
200万円までなら、源泉徴収や給与明細などの収入証明書の提出が必要ありません。
10万円単位で限度額の選択が可能なので、自分のライフプランにあわせて、限度額を設定するといいでしょう。
審査の結果、希望の限度額を減額されることもあるので気をつけてください。
ちなみに専業主婦の限度額は50万円までとなっています。
楽天銀行のカードローンへの申し込みは、パソコンや携帯電話で24時間申し込むことができます。
楽天銀行の口座がなくても申し込めて、おまとめや借り換えもできます。
楽天銀行のカードローンは、スピード審査がとても魅力で人気があります。
審査結果はメールか電話ですぐに知らせてくれます。
融資も最短即日融資が可能なので、急いでお金が必要な人にはとても助かります。
楽天銀行を利用すると、スーパーポイントがたまるメリットがあるので、買い物もしたい人にはとても嬉しいサービスです。
楽天銀行のカードローンの申し込みの必要書類は、郵送でもできますが、証明書類アプリを使えば簡単に手続きできます。
返済は、登録した預金口座から自動引き落としするので、支払いを忘れる心配がいりません。

MENU
「即日キャッシング」運営者情報